ブログ

2021年1月23日|カテゴリー「季節
21-01-20-23-44-26-944_deco
1月20日は二十四節気の「大寒」でしたが、大寒らしく、寒い日でしたね。

今年の冬は久々に雪も積もり、いつもは家でゲームばかりしている子どもも、雪が降ると嬉しいようで、久々に雪で遊んでいました


最近は、暗くなるのがちょっと遅くなってきたり、ちょっと天気も良い日の空気感が、春っぽく感じる事もあり、寒くても徐々に春が近づいてきているんだなぁ…と感じます


ところで、今年の「節分」は2月2日ですが、ご存知でしたか?
私は「節分」は2月3日に決まっているのかと思っていたので、ビックリしました

二十四節気の「立春」の前日が「節分」になるそうで、2月2日になるのは124年ぶりだそうです。
ちなみに今年の恵方は「南南東」だそうですよ

看護師 R
2021年1月16日|カテゴリー「事務
image1-14


日毎に寒さが増し、先週は予報通りの寒波がやってきました

久々の雪道運転は、やはり怖いものです 

クリニックの駐車場も一面真っ白で、珍しく植物につららが出来てとても綺麗でした


さて、年が変わっても消毒、マスク、検温などコロナ対策に追われていますが、先日テレビで様々な除菌の機械が紹介されていました。スーパーの買い物カゴを自動で除菌する機械、図書館で本を除菌できる機械。

それと驚いたのが人間洗浄機のウォッシュミストというものです。ゲートで1秒立ち止まるとミスト状の除菌液で体(服)を瞬時に除菌してくれるというものです。開発されたのは、鉄道やトラックなどの洗車機メーカーさんのようです。洗車技術でつちかったノウハウを生かしウォッシュミストを開発されたようで、今後は学校や病院などに設置を予定しているとのこと。今回は神社に設置されていました。


このニュースで、昔、プールに入る際に消毒液の入った深いところで10数えた事を思い出しました今もあるのでしょうか?

このような驚きの商品も、来年の今頃は、当たり前に色々な所に設置されているかもしれないですね。 

不特定多数の方が触るものは、全て除菌の世の中になるのでしょうか?

進化する感染対策、日本の技術はすごいので、もっともっと画期的なものができるでしょう。


クリニックは今年から洗面所のゴミ箱が、自動で開閉するものに変わりました。また、入り口には非接触型のアルコール消毒設置と検温をしていますので、ご協力をお願い致します。

良き未来がやってきますよう願うばかりです。


事務hiro

2021年1月1日|カテゴリー「院長のひとり言


51c0285eb1fa2931a6a05330dc66f24e-e1609494119478


明けましておめでとうございます。

 

本来であれば、元日は新しい年を迎え、気分一新、希望に満ちた晴れやかな日となるところですが、今年はそのような雰囲気はどこにもありません。

東京都では、1日の新型コロナ感染者が大晦日に1300人を超し、今年も徹底した感染予防策の継続が必要となることでしょう。マスク常時着用とこまめな手洗い、不要不急の外出や会食の自粛。面倒で不自由なことではありますが、これを個人的には徹底するしかありません。

今、最も避けなくてはいけないことは、感染者がさらに爆発的に増加することで医療崩壊を招くことです。「医療崩壊」とは、新型コロナ感染者が増えることで、その対応によりこれまで普通にできていた、救急を含めた外来、入院医療が制限され、脳卒中や心筋梗塞患者さんなどの救える命を救うことができなることです。特に、大田市のように急性期病院が少なく、高齢者の多い地域では、新型コロナ感染者が増加すれば、あっという間に医療提供環境が逼迫します。だからこそ、昨年のように新規感染者をできるだけ出さず、クラスターを作らないで、ワクチンが広く行きわたるまでは耐え抜いてゆかねばなりません。経済活動の維持ももちろん大事です。しかし、医療という地域で生きていく上では不可欠なサービスが機能しなくなれば、地域で安全に暮らすことはできません。

当院は、小さなクリニックではありますが、これまでに経験のない、この一大危機を乗り越えるために、今年もできうる限りの感染対策を職員全員がしながら、外来と訪問診療を継続維持することがまず大切なことだと考えています。

その年の干支を描いた染め物を、毎年診察室に飾っていますが、これは、私の患者さん夫婦が、年末にくる年に思いを込めて作ってくださったものです。今年の干支は「丑」、題字は、「安穏」。一日も早く、平和で穏やかな日常生活が戻って欲しいというご夫婦の願いが込められています。


皆様の健康と安穏を、私も心からお祈り申し上げます。今年もよろしくお願いいたします。

令和3年 元旦        院長  梅枝伸行

2020年12月26日|カテゴリー「イベント
16089456500402116
16088083593122115
こんにちは
みなさん、いかがお過ごしですか?
我が家では、クリスマスケーキを、子供とデコるのが恒例となっており、今年もサンタクロースのケーキを作りました
晩ご飯は、チキンを焼いて、サラダでツリーを作り、サーモンでバラを作ってみました
家族みんなでクリスマスパーティー

20201225_2304332114
そんな中、外からドンドンと音が
思いもよらず、花火を見ることが出来ました。
今年の夏は、花火を見ることができなかったので、数分でしたが、感動の花火でした
大田市の若手有志の「元気を打ち上げ隊」の方々が企画されたそうです。ありがとうございました。
今年は、コロナウイルス感染症で、いろいろな行事が中止になったり、延期になりました。
島根県内の病院でも手術が延期になったり、ご家族と面会が出来ずに、さみしい想いをされた方などたくさんおられました。
当たり前の生活が当たり前でないこと、当たり前と思っていた家族と一緒に居られるということが実は、とても幸せであることを教えてもらった気がしました。
仕事をしながらもたくさんの素敵な患者さん、そして、ご家族にお会いすることができ、皆様に支えられ、1年を終えることができました。
心よりお礼申し上げます。
今年も残すところ数日となりました。年末年始は命を最優先に、「ステイホーム」で乗り切り、新しい年を楽しい1年にしましょう。
来年もよろしくお願いいたします。
看護師 HY
b1368158f08164811a8f27ecf4760cff
2020年12月19日|カテゴリー「事務
20201211_174226
20201211_174131-e1608296877427
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
今週は、雪が少し降りましたね。寒さがみにしみます。

さて、今年もあと少しとなりました。2020年はあっという間に過ぎたように感じています。オリンピックも延期され、日々コロナのニュースが流れ、心休まらない日が続いていますね。

そんな私の心を癒してくれたのは、毎年恒例になってきた、「ウメナリエ」ですウメナリエとは、うめがえ内科クリニックのイルミネーションの事です。

毎年、イルミネーションを見るたびに、クリスマスが近づいているなと、ワクワクします。
いつも仕事帰りに見るイルミネーションに心癒されています。

ぜひ、みなさんにも当院の「ウメナリエ」を見ていただき、少しでも癒しの時間を過ごしてもらえたらと思います。

気づいていますか?クリニックの2階にも雪だるまが光っているんです。ぜひ、見つけに来て下さいね。  

事務 emi

2020年12月12日|カテゴリー「イベント
image0-5
寒さが本格的となり、いよいよクリスマスシーズンになりましたね。
先日、我が家もクリスマスツリーを出し、飾りつけをしました。
今年はホワイトクリスマスになるかしら~とワクワクします。

毎年この時期になると、17歳の長女がまだまだ小さかった頃のことを思い出しますね~。
クリスマスの朝、長女が起きてきてプレゼントを見つけてこう言いました。
「サンタさんもイオンで買い物するんだね~」と、、えええΣ(゚Д゚)⁉ 今なんと(;´・ω・)???
「これイオンでしょ?」と包装紙のシールを指さす長女。。。なんと鋭い観察力Σ(゚Д゚)⁉
それ以来、我が家のクリスマスプレゼントは包装紙なしとなりましとたとさ。

そんな子どもたちも大きくなって、いつからかサンタさんの正体を知ってしまい、クリスマスツリーの下にプレゼントを置くことはなくなりました。でもいまだにクリスマスが近づくと「今年のプレゼントは○○○をサンタさんにお願いしようかな~」などとつぶやき始めます。。。(-_-;)
そんな我が家のクリスマスツリーの下に、数年ぶりに2歳の末っ子くんのためにサンタさんからプレゼントが届きそうです。我が家のサンタさんも久しぶりにワクワクです。
看護師H
2020年12月5日|カテゴリー「名所
IMG_5712-e1607163124264
渋谷スカイからの景色(昼)
奥に見えるのが国立競技場
IMG_5254-e1607161862518
渋谷スカイからの景色(夜)
光っているのが国立競技場

新型コロナウィルスのニュースで年が明け、終息を迎えないまま1年が終わろうとしています。

皆さんは、1年前の12月はどうお過ごしでしたか?

 

私は、昨年の1221日土曜日、娘の住む東京にいました。前の月にオープンしたばかりの渋谷スカイにいました。

ここは、地上229メートルの建物の屋上。透明な壁に囲まれて、屋根がなく、まさに空中散歩しているような場所です。

そこから眺める360度パノラマビューの東京の景色は、圧感でした。クリスマス前ということもあり、夜になると、あちこちのイルミネーションや電車の車窓の灯り、ビルの灯りが光って見えました。東京タワーとスカイツリーも両方見えました。

言葉にならないほど感動しました。

その景色の中で、際だって明るいエリアがありました。できたばかりの国立競技場でした。その晩は、ちょうどオープニングイベントで、ウサイン・ボルトがトラックを走り、嵐やドリカムがコンサートをするという日でした。

来年の夏に、あそこでオリンピックが開催されるんだと思いを馳せるだけでワクワクしました。

日本中が2020オリンピックイヤーに明るい未来を確信していました。

 

まさか、それからほどなくこんな事態になろうとは・・・。オリンピックが延期となるなんて、誰が考えたでしょう。

オリンピックどころか、当たり前にやってくると信じていた日常生活さえままならなくなりました。

 

1年後の今年の12月は、忍び寄るコロナウィルスの恐怖と、迎える新年の不安、1年前とは真反対の思いで年の瀬を迎えています。

 

来年のことを言うと鬼が笑うと言いますが、昨年たくさんの人が来年のことを語りすぎたのか、子どもも大人も「鬼滅の刃」旋風、たくさんの鬼の高笑いとなりました。

主人公、竈門炭治郎のごとく、全集中の呼吸で、不安な毎日を払拭し、良い年を迎えたいと心から願います。

                                      事務  UME



2020年11月28日|カテゴリー「院長のひとり言
IMG_6586-e1606646635810


「長期天気予報によると、今年は大雪になるといわれているけど○○さん、どう思いますか?」、私は、三瓶で農業を営む白髪混じりの患者さんに尋ねました。

「わしは、毎日のように草刈りをしているけど、今年はカマキリの卵が地面から例年よりも低いところに産みつけてある。大雪の年には、もっと高い位置に産みつけるので、今年は雪は少ないと思うわ」

なるほど、カマキリは、雪の中に卵を産みつけると卵が孵化出来なので、積雪量を予測して卵を産みつける位置を調整するということなのか。「カメムシが多いと大雪になる。」これはよく言われる俗説ですが、カメムシの発生数よりカマキリの卵の説の方が、患者さんの長年にわたる自然観察に基づく話だけに信憑性があると思いました。


不思議な話に出会うと、すぐに調べたくなるのが私の性格。早速、グーグルを使って調べてみると、驚くなかれ、何十年も大真面目にカマキリの卵と積雪の関係を調べている学者が少なくありませんでした。「カマキリの産卵と積雪量の関係」については、結局のところ賛否両論あり、結論は出ていないようです。自然界の出来事は、まだまだわからないことばかり。カマキリがその年の積雪量を本当に予測できるのかどうか、それを証明し、メカニズムを解明することは簡単ではありません。それ故に好奇心をかりたてるテーマだと私も思います。

 

写真は、今朝、クリニックを包み込むように突如現れた虹です。あるがままの自然の美しさに感激し、慌ててスマホで写真に残しました。新型コロナウイルスの第3波が始まり、不安ばかりが広がっていく毎日ではありますが、天上からのエールをいただいたように感じました。

 

さて、さて、今年の積雪量はどうなるのでしょうか、楽しみがまたひとつ増えました。

DIY

2020年11月21日|カテゴリー「事務
before
IMG_1412-e1605673439917
我が家に納戸を作ったものの、棚がなく、いろんなものが段ボールに入ったまま置きっぱなし納戸なので、だれが見るわけでもないのですが、下にばっかり置いていて、上のスペースがもったいない。やっぱり棚をつけてもらえばよかったなぁーとネットで棚を検索。いいものは結構高いですね。それなら自分でつくっちゃう!?と思いったったらすぐやりたくなり、材料そろえてつくっちゃいました
vertical
after
IMG_3780
じゃーん

段ボールに入ったままだったアルバムを並べながら、ついつい開いて思い出にひたりました
皆さんもぜひつくってみては。楽しかったですよ
                                                                            事務AO
2020年11月14日|カテゴリー「季節
20-11-11-22-39-07-430_deco
20-11-11-22-39-47-986_deco-1
紅葉が綺麗な季節になりましたね
先日、赤来高原観光りんご園にりんご狩りに行ってきました。5年くらい前から毎年行くようになり、今年も行ってきました。シーズンによって色々な種類のりんごが食べられますが、11月は『ふじ』でした

低い木なので簡単にとることができ、新鮮なりんごを沢山持って帰れます。もちろんその場でも食べられます。
シャキッとした、甘い蜜がたくさん入ったりんごでとても美味しかったです。
道中、紅葉もきれいでとっても癒されました。
りんご園のすぐ近くにある『道の駅赤来高原』に売っているパンも大好きでいつも買って帰ります。人気のようで、すぐ売り切れてしまいますが。

りんごでケーキも作ってみました。こどもがりんごを大きく切りすぎてゴロゴロしたケーキになりましたが、味は美味しかったです。
今月は毎日りんごになりそうです。              事務oちゃん
20-11-07-17-30-46-643_deco
上へ