診療案内

IMG_0085

当クリニックは一般内科のクリニックです。高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病だけでなく、年齢を問わず、どんな症状でも困ったことがあればまずは受診・相談をしてみてください。

院長のこれまでの豊富な臨床経験を生かして、正確な診断と最適な治療を提供したいと考えています。そして、必要な時には、速やかに他の病院の専門外来に紹介をさせていただきます。

診療科目

IMG_0079
専門診療科目は、神経内科、漢方内科、心療内科です。
神経内科では、脳卒中と呼ばれる脳血管障害(脳梗塞、脳出血)の診断・再発予防・後遺症の治療、アルツハイマー型認知症をはじめとする認知症の診断と治療、神経難病であるパーキンソン病などの診断と治療を主に行っています。

漢方内科、心療内科では、主にストレス過剰から生じる自律神経の乱れ、過緊張状態による心身の症状(不眠、食欲不振、頭痛・腰痛などの痛み、意欲低下など)に対して、西洋薬だけでなく、漢方薬(エキス製剤)を積極的に利用し、漢方薬の特徴である、副作用の少ない治療を心がけています。
内科

神経内科

心療内科

漢方内科

各種予防接種

健康診断
禁煙外来
漢方診療
gide_ic10-smartphone1

診療時間


午前


午後

診療時間/午前:8:30~12:30 午後:15:30~18:30
休診日/水曜日午後、木曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日
TEL0854-83-7800
当クリニックは予約制です。
必ず予約をとってご来院下さい。

ご来院の前にお電話下さい

※ご都合が悪くなった場合は、キャンセルのご連絡をお願い致します。尚、診療状況により予約時間が前後する場合もございます。 
*保険証提示のお願い
初めて受診される方は必ず保険証をご持参ください。続けて受診される方も、毎月初めには確認させていただきます。また保険証の変更等ありましたら、必ずお知らせください。

*お支払いについて
現金・電子マネーごうぎんデュプリのみお支払可能です
クレジットカードは取扱しておりません。

初診の方へ

当クリニックは予約制です。必ず予約をとってご来院下さい。
来院時には必ず保険証をお持ちください。
まずはお電話ください。
予約がない場合は、待ち時間が長くなる場合があります。
発熱などの急患の場合は、優先的に診察をいたします。

保険証提示のお願い

当クリニックでは毎月初めに保険証を確認させて頂いております。必ず保険証をご持参の上、ご来院下さい。定期的にご来院されている方も、保険証の変更や切り替えなどがありましたら必ず受付までご提示下さい。

在宅医療(訪問診療)

当クリニックへの通院が困難な方に対しては、病状に応じて計画を立て、定期的(通常は2週間に1回程度)に自宅へ訪問し、診察をして薬の処方や必要な処置を行います。
 
 
list-link1

診察室・処置室

診察室・梅枝院長
診察室
処置室
処置室

当クリニックで行っている検査

心電図
心電図
エックス線検査室
エックス線検査
エックス線検査
 
エックス線検査室

胸部や腹部のレントゲン検査が行えます。
腹部の検査では、主に気管・肺などの呼吸器、心臓などの循環器等に病気があるかどうかを調べます。
腹部の検査では、主に食道、胃、小腸、大腸、泌尿器、婦人科などに関する病気があるかどうかを調べます。
超音波(エコー)検査機
超音波(エコー)検査

腹部、頸動脈、甲状腺検査が可能です。病気の早期発見や動脈硬化の評価に役立ちます。体への負担の少ない検査の割に、得られる情報量も多く、定期的に受けられることをお勧め致します。
ホルター心電図
ホルター心電図

日常生活(24時間)の心電図を小さな携帯用心電計を用いて記録します。

動悸、失神、めまい、息切れ、胸痛等の原因検索や不整脈の治療効果判定のために行われる検査です。
24時間血圧検査
高血圧の診断や治療は病院で測った血圧や家族での血圧を参考にします。

しかし、昼間は血圧があまり高くなくても、夜間の血圧が高い人がいます。このような方は普通の高血圧と同様に動脈硬化によって心臓病や脳卒中になりやすいといわれています。

この検査は夜間や早朝に血圧の高い人、血圧の変更の強い方の診断と治療のために行います。
動脈硬化検査中(血管年齢)
当クリニックでは、血管の状態をみるための簡単な検査を行っています。

検査は両手、両足首の4箇所の血圧を同時に測定するだけなので、気軽に受けられます。
わずかな時間で測定することができる、とても簡単な検査です。

患者様のご要望にお応えして導入しました。
動脈硬化検査画面
動脈硬化検査中(血管年齢)
動脈硬化検査表
動脈硬化検査結果表


骨密度測定(エックス線)
骨密度は年齢を重ねるごとに減っていきます。

特に女性は閉経後にホルモンのバランスが崩れて休息に骨量が減ります。骨粗しょう症の早期発見につながります。
骨密度測定表
骨密度測定表結果を印刷しお渡しします
骨密度測定画面
骨密度測定画面


スパイロメーター
呼吸機能検査(スパイロメーター)

肺活量や気管支の状態を知ることができます。これにより最近増加している気管支炎喘息、慢性気管支炎、肺気腫などの診断が可能です。
体組織検査機器
体組成検査
上へ